今なら高く売れるかも!?人気地区の空き家解体

私の知人は、彼女の両親が住んでいた2階建の家(築約50年)を遂に取り壊すことにしました。

彼女の家の周りは文教地区としてなかなか人気のある地域です。

近所にある同じ様な空き家も取り壊されて、豪華な家が立ち始めました。

消費税が上がるのを前に一気に増えた様な気がします。

彼女は土地を売るなら今だと考えたそうです。

その家は人が住まなくなってから約5年ほどになります。

防犯のために月に1度ほどは家の様子を見にいっていたそうです。

そのおかげで、外観はかなり綺麗です。

しかし、家の中はやはり湿気の影響で畳を踏むとかなり凹む様な状態です。匂いもあります。

とても人が住める状態ではありません。

よくある空き家の片付けと一緒で、彼女は大量の本や、食器を処分しました。

リサイクルショップの方を呼びましたが、買い取れるものはないと言われました。

勤めている会社に本棚やタオル類は寄贈しました。また、植木鉢やタライなどは社員の皆さんに差し上げたそうです。

もし、全て粗大ゴミに出すとかなりの出費になったでしょうから、ただでも貰ってもらえて助かったと言っていました。

これから、解体業者を決めるとのことです。

家を建てるよりも、家を解体するのはやっかいな仕事が多いものだと思います。

詳しく調べたい方はこちら>>>>>空き家対策 売却