注文住宅で2階をリビングにした我が家の体験談

私が建てた家の敷地面積は延べ床面積が74平米で建ぺい率100%とあまり広くありませんでした。

当初、リビングを1階にしようとしていたのですが、担当営業さんの提案で2階リビングを提案されました。

確かに、1階だと玄関やトイレや階段など施設物が多く、リビングに広さはあまり取れなさそうだと感じました。

そこで、私達は営業の提案を受け2階リビングで建築士さんと打ち合わせしました。

1階は洋室2つとトイレとお風呂と玄関で2階にキッチンとリビングにしました。

また、2階リビングは仕切りを設け、レールで扉を移動すれば部屋として機能するようにしておきました。

そのようにした理由は、扉を開けておけば、一つの空間として広々としたリビングで機能すること。

また、子供部屋としても使う場合、小さいうちはキッチンから子供が見守れて、子供が大きくなったら仕切りでプライベートルームとして利用できる利便性から仕切りを設けました。

結果、2階は仕切りを普段は外しているため、広々としたリビングとして機能しており子供は走り回れるくらいの余裕があり大満足です。

また、部屋の仕切りがないため窓を開けると、一直線に風が抜けるので気持ちがいいです。

また、天窓を設けて陽の光や青空が見えるので、常に明るいリビングになっています。

1階にリビングがある場合は、隣家との間隔が近いため、リビングへの自然光の確保が難しかったのかなと考えると2階リビングは完璧でした。

ただ、引っ越し時に冷蔵庫が階段から入らず別料金でクレーンで入れたため、これから2階リビングを考える方は、引っ越し時の冷蔵庫のサイズや階段サイズは要検討です。

続きはこちら⇒新築失敗ブログ